まずは税理士へ相談

ご自身で申告書を提出し、不備があった場合や、期限内に申告できなかった場合、虚偽の申告をした場合には、過少申告加算税、無申告加算税、重加算税等が課せられますので、意識的ではなかったにせよ、十分に注意しなければいけません。このような相続税トラブルに巻き込まれない為にも、初期段階から税理士へ相続相談をされると良いでしょう。

家相続税に関する経験が豊富で、相続問題に強い税理士に依頼することで、様々なテクニックを駆使して極力節税できるように考えてもらうことができます。例えば、不動産等の財産評価を行う際、評価額が下がるように努力をします。評価額が下がれば、その額に課税される相続税も下がるということですので、減額方法を知らないだけで、相当額の差が生じることになります。

また、他にも遺産分割や特定の適用等、遺産を相続した場合にはお金にまつわる様々なトラブルが発生する可能性があり、または払わずに済んだ分まで知らないうちに払ってしまっていた、という結果にもなりかねません。相続税の申告が必要になった際には、多少の費用を支払ってでも、プロである税理士に依頼することが賢明と言えます。まずは無料相談からしてみると良いでしょう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分で申告を行う場合

税に困る女性相続税の申告の手続きを自分でするという方も中にはおられるでしょう。もちろん、申告書類を自身で作成し、税務署へ提出することは可能です。税金関係の知識がある方、勉強したいと思われる方は挑戦されるケースも少なくありません。しかしながら、相続税の申告とは、所得税の申告に比べると、遥かに難易度が高い為、ご自身でされることはあまり一般的ではなく、より的確に、速やかに申告を行う為に、税理士に相続相談をされることがお勧めとなります。

ご自身で申告書を作成した場合、やはり税金のプロではありませんので、計算ミスや記入漏れ、判断ミス等が起こりやすくなりますので、税務調査が入る可能性があり、税金が追徴されることも多々あります。あるいは、できるだけ相続税を低くする為の知識が乏しい為、収めずに済む相続税を余計に納めるという可能性も出てしまいます。

税理士には素人にはできない節税のスキルがありますが、個人で行う場合には、申告をすることができたとしても、節税まで考える知識がなければ、高い税金を納める結果となってしまいます。また、ご自身で申告書を作成中に、税理士に依頼するべきだったと後悔することもあります。そうならない為にも、最初から速やかに依頼することが効率的です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相続税申告について

電卓相続税で申告が必要なケースとは、基礎控除額を上回った場合となります。基礎控除額は、至ってシンプルな算式となっており、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で計算されます。ただし、税務署から相続税のお尋ねという書類が届く場合があります。その場合には、遺産が基礎控除額以下で、申告は不要と考えられるケースでも、税務署へ回答をしなければいけませんので、関係ないと放っておくことのないように注意してください。この相続税のお尋ねの場合には、簡易的に作成することができますので、ご自身で対応することも十分可能です。

あるいは、基礎控除額を下回っていても、「小規模宅地等の評価減」「配偶者に対する相続税の軽減」「農地等にかかる相続税の納税猶予」といった、特例を適用して相続税がかからないようにした場合、申告が必要なことがありますので、確認を怠らないようにしましょう。

基礎控除を考慮しても、申告が必要な場合には、相続が発生してから十ヶ月以内に申告を終えなければいけません。まだ余裕があるからと悠長にしていると、気付けば過ぎてペナルティが発生してしまうという可能性もありますので、しっかり計画を立てて動けるようにしておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相続相談が必要な場合

税理士両親や親族が亡くなり、相続人となって財産を取得された場合、相続税が発生し、申告しなければいけないケースがあります。よく分からなくても、とりあえず申告をしてみて、勝手に計算されて、その額を納税する以外ないだろうと思われる方も大勢おられます。しかしながら、いざご自身で始めてみると、不備が多くて進まない、あるいは気付けば申告期限を過ぎていた、ということにもなりかねません。ただでさえ、身近な人が亡くなって悲しむ時間もなく、お葬式や様々な手続きに追われる時期ですので、更なる精神的負担になってしまいます。相続税の申告について、速やかに的確に対応する為には、税金のプロである税理士へ相続相談されることをお勧めします。

相続税とは、実際にはどのような税金で、どのように支払う義務が生じるのか、明確に答えられる人は少ないかもしれません。簡単に言えば、亡くなった人の財産を相続人が受け取る為に支払わなければいけない税金のことを指しますが、相続税がかかるケースと、かからないケースがあり、かかる場合には申告が必要となります。

基本的に、相続税には基礎控除額があり、それを上回る場合に申告をします。相続税の申告期限は、被相続人が亡くなった日、つまり相続が発生した日から十ヶ月以内と定められていますので、期限を過ぎてしまうと、申告漏れとなってしまいますので、注意が必要です。ここでは、相続相談が必要な場合に参考になるように、相続税申告について説明をします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket