相続相談が必要な場合

税理士両親や親族が亡くなり、相続人となって財産を取得された場合、相続税が発生し、申告しなければいけないケースがあります。よく分からなくても、とりあえず申告をしてみて、勝手に計算されて、その額を納税する以外ないだろうと思われる方も大勢おられます。しかしながら、いざご自身で始めてみると、不備が多くて進まない、あるいは気付けば申告期限を過ぎていた、ということにもなりかねません。ただでさえ、身近な人が亡くなって悲しむ時間もなく、お葬式や様々な手続きに追われる時期ですので、更なる精神的負担になってしまいます。相続税の申告について、速やかに的確に対応する為には、税金のプロである税理士へ相続相談されることをお勧めします。

相続税とは、実際にはどのような税金で、どのように支払う義務が生じるのか、明確に答えられる人は少ないかもしれません。簡単に言えば、亡くなった人の財産を相続人が受け取る為に支払わなければいけない税金のことを指しますが、相続税がかかるケースと、かからないケースがあり、かかる場合には申告が必要となります。

基本的に、相続税には基礎控除額があり、それを上回る場合に申告をします。相続税の申告期限は、被相続人が亡くなった日、つまり相続が発生した日から十ヶ月以内と定められていますので、期限を過ぎてしまうと、申告漏れとなってしまいますので、注意が必要です。ここでは、相続相談が必要な場合に参考になるように、相続税申告について説明をします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket