まずは税理士へ相談

ご自身で申告書を提出し、不備があった場合や、期限内に申告できなかった場合、虚偽の申告をした場合には、過少申告加算税、無申告加算税、重加算税等が課せられますので、意識的ではなかったにせよ、十分に注意しなければいけません。このような相続税トラブルに巻き込まれない為にも、初期段階から税理士へ相続相談をされると良いでしょう。

家相続税に関する経験が豊富で、相続問題に強い税理士に依頼することで、様々なテクニックを駆使して極力節税できるように考えてもらうことができます。例えば、不動産等の財産評価を行う際、評価額が下がるように努力をします。評価額が下がれば、その額に課税される相続税も下がるということですので、減額方法を知らないだけで、相当額の差が生じることになります。

また、他にも遺産分割や特定の適用等、遺産を相続した場合にはお金にまつわる様々なトラブルが発生する可能性があり、または払わずに済んだ分まで知らないうちに払ってしまっていた、という結果にもなりかねません。相続税の申告が必要になった際には、多少の費用を支払ってでも、プロである税理士に依頼することが賢明と言えます。まずは無料相談からしてみると良いでしょう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket