自分で申告を行う場合

税に困る女性相続税の申告の手続きを自分でするという方も中にはおられるでしょう。もちろん、申告書類を自身で作成し、税務署へ提出することは可能です。税金関係の知識がある方、勉強したいと思われる方は挑戦されるケースも少なくありません。しかしながら、相続税の申告とは、所得税の申告に比べると、遥かに難易度が高い為、ご自身でされることはあまり一般的ではなく、より的確に、速やかに申告を行う為に、税理士に相続相談をされることがお勧めとなります。

ご自身で申告書を作成した場合、やはり税金のプロではありませんので、計算ミスや記入漏れ、判断ミス等が起こりやすくなりますので、税務調査が入る可能性があり、税金が追徴されることも多々あります。あるいは、できるだけ相続税を低くする為の知識が乏しい為、収めずに済む相続税を余計に納めるという可能性も出てしまいます。

税理士には素人にはできない節税のスキルがありますが、個人で行う場合には、申告をすることができたとしても、節税まで考える知識がなければ、高い税金を納める結果となってしまいます。また、ご自身で申告書を作成中に、税理士に依頼するべきだったと後悔することもあります。そうならない為にも、最初から速やかに依頼することが効率的です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket